30代が取り入れるべきはフルーツ?フルーツがダイエットも美肌効果も高める!

皆さんこんにちは、Nanamiです。

皆さん、フルーツを食べる習慣ってありますか?

もともとフルーツ好きのNanamiは頂き物があれば旬の果物とか好んで食べています。

ただ好きだから、健康にいいからといつでも果物の効果が高められるわけではない!

そんな事実を知ってしまってからは大好きなフルーツも取り入れ方を考えています。

今回、この記事ではフルーツの嬉しい効果正しい取り入れ方を紹介します。

30代に嬉しいフルーツの効果とは?

フルーツといっても種類は豊富ですが、多くのフルーツには酵素ビタミンそしてミネラルが豊富に含まれています。

どのフルーツがいいのか…と気にしすぎるよりも、フルーツから得られる嬉しい効果を体に与えてあげることが一番大事です。

フルーツの効果は30代に嬉しいことだらけ!

どうしてもフルーツを取り入れることに抵抗がある。

その理由としては甘いからという理由が大きいかもしれませんが、フルーツの甘さはフルーツの果糖から感じるもので、エネルギーはとっても低いんです。

では、私たち30代にとってどのような嬉しい効果があるのかしっかり理解していきましょう。

肥満予防

甘さを感じるフルーツですが、肥満の原因にもなる栄養不足を補いながらしっかりカロリーを抑えるフルーツは肥満予防に有効なんです。

病気のリスク軽減

30代になると体調管理も必要になります。時間とお金をかけて定期的に病院で体を検査しておくことが一番ですが、食べ物から病気のリスクを軽減させておくことももちろん大事です。

フルーツは低カロリーでありながら栄養素をしっかり補えます。そこで現代病とも言われている糖尿病予防にも効果を発揮します。

またカリウムも豊富に含まれるフルーツは高血圧予防にも有効に働きかけます。

そして近年3人に1人の割合とも言われる癌発病も予防のためには豊富や栄養素を補うことも大事と言われています。そこでフルーツはがん予防にも注目されているんです。

便秘解消効果

食物繊維の働きが一番大きいのですが、腸内の活動を活発にしてくれるので老廃物排出作用から、ダイエットの敵と言われる便秘予防・解消につなげてくれます。

美肌効果

30代もまだまだ輝いていたい!そんな女性の願いも叶えてくれるのがフルーツです。

小さい頃からフルーツ習慣を身につけさせてくれていた両親には感謝しているNanamiですが、美肌に欠かせないビタミン類が豊富に含まれているのがフルーツです。

体は正直で少し不規則な習慣が続き、フルーツが不足するとNanamiは吹き出物が出てきます。

焦ってフルーツをとりながらスキンケアを徹底して解消していますが、やはり美肌のために肌細胞を活性化させるためにはビタミンは毎日摂取しておくべきです。

30代に積極的に取り入れてほしいおすすめのフルーツ

フルーツ習慣の魅力が理解できたところで、取り入れやすいフルーツのそれぞれの効果を紹介します。

りんご

りんごが赤くなると医者が青くなるなんて言葉があります。

これはリンゴを摂取しておけば医者いらずの健康な体を手に入れられるという意味なんですが、それだけフルーツの中でもりんごは健康を維持するために有効なフルーツです。

【りんごの効果】

  • カリウム・・むくみ予防、高血圧予防
  • 食物繊維・・便秘予防・解消、整腸作用
  • ビタミンC・・消炎作用、美肌効果
  • リンゴ酸・・疲労回復

みかん

冬は毎日みかんを食べるNanamiです。

向きすぎると手が黄色くなるんですよね。でもそんなこと気にならないくらいたくさんの効果を高めてくれます。

【みかんの効果】

  • β-クリプトキサンチン・・抗酸化作用、がん予防
  • β-カロテン・・生活習慣病予防
  • ビタミンC・・美肌効果
  • クエン酸・・疲労回復、便秘予防・解消
  • ペクチン・・便秘予防・解消

キウイ

少し酸っぱさを感じるキウイもさっぱりしたい夏には好んで食べる人も多いのではないでしょうか?

【キウイの効果】

  • ビタミンC・・美肌効果
  • 食物繊維・・便秘予防・解消、整腸作用
  • カリウム・・むくみ予防、高血圧予防
  • 葉酸・・貧血予防
  • ビタミンE・・抗酸化作用、美肌効果
  • アクチニジン・・タンパク質分解作用

パイナップル

南国のフルーツとして知られているパイナップル。日本なら美味しさをそのままに手に入れられます。

【パイナップルの効果】

  • 食物繊維・・便秘予防・解消、整腸作用
  • カリウム・・むくみ予防、高血圧予防
  • ビタミンB1・・新陳代謝を高める
  • ビタミンC・・美肌効果

いちご

食べやすさからスーパーで見かけるとどうしても買ってしまうフルーツの一つです。

【いちごの効果】

  • アントシアニン・・抗酸化作用、がん予防
  • エラグ酸・・シワ予防
  • ケルセチン・・(天然抗生物質菌)血行促進効果

ブルーベリー

ポリフェノールたっぷりのブルーベリーはあまりフルーツを好まない人でも気になるフルーツの一つではないでしょうか。

【ブルーベリーの効果】

  • アントシアニン・・抗酸化作用、がん予防
  • 食物繊維・・便秘予防・解消、整腸作用
  • ビタミンE・・抗酸化作用、美肌効果

30代向けの大切なフルーツの知識!食べるタイミングはいつがいい?

取り入れやすいフルーツをピックアップして紹介しましたが、正直どのフルーツでもフルーツ効果は高められます。

ですが!

今回、一番重要になってくるのが取り入れるタイミングです。

フルーツを取り入れる際の3つの注意点

フルーツ本来の嬉しい効果を高めるためには是非押さえておいてほしい3つのポイントがあります。

【フルーツ3ヶ条】

  1. 食後にフルーツは食べるべからず
    フルーツを食後に食べると先に食べた栄養素が邪魔をしてフルーツ本来の働きがうまくできなくなります。
  2. 夜にフルーツは食べるべからず
    夜は酵素の働きが低下します。フルーツに含まれる糖分が脂肪として蓄積されてしまうので、夜のフルーツは控えましょう。
  3. フルーツばかりを食べるべからず
    嬉しい効果を持つフルーツですが、過剰摂取となってしまうと肥満につながります。また他の栄養素が不足します。

フルーツは食前30分前!朝が一番ベスト!

フルーツの効果をより高めるためには食前の30分前に食べること。

また朝が一番吸収率が高まるので、タイミングとして定着させやすいのは朝ですね。

酵素を取り入れることでダイエット効果を高めるというダイエット法も多いので、やはりフルーツは朝が一番です。

でも…朝はあまり時間に余裕がない。そんな人は酵素を取り入れられる酵素ジュースなどで同じ効果を高めるのも賢いやり方の一つ!

出来るだけフルーツから…でも時間がないときのために代用できるお手軽な飲み物が欲しいという人は酵素ジュースもおすすめです。

フルーツ効果で30代もまだまだ楽しもう!

いかがでしたか?

Nanamiはフルーツならいつ食べてもいいと思っていたのでタイミングまでは気にしていませんでした。

でも「朝のフルーツは金、お昼は銀、夜は銅」こんなワードを目にしてからは色々調べて食べるタイミングも考えるようになりました。

せっかく嬉しい効果も半減させるのは勿体無いですからね。

旬のフルーツを積極的に取り入れながら、通年食べられるフルーツも組み合わせながら今日からフルーツ習慣はいかがでしょうか。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Nanami

横浜在住、旦那と娘と愛犬でのんびり生活しています。20代まではそれなりに体型を維持できていましたが、30代の壁に奮闘中。常にダイエットを意識してますがストレスには変えたくないので、『ながら運動でどれだけ効果を高めるか』がダイエットのモットーです!最近の楽しみは娘との小旅行。より楽しむためにもダイエットはやっぱり必要◟꒰◍´Д‵◍꒱◞