成功者続出?バターコーヒーダイエットって何?

こんにちは、Aoiです。

イキナリですが、私はコーヒーが大好き♡なんです。小学生の頃から30代になった今に至るまで、コーヒーを飲まない日はない、というほど。朝はコーヒーがあるから目がぱっちりと覚めるし、午後は仕事の合い間に飲むことで息抜きが出来るので、私の生活には本当に欠かせません。

このコーヒーとバターを組み合わせたバターコーヒーなるものがダイエットに効果があると知って、俄然興味が湧いてきたので調べてみました!

 

バターコーヒーがダイエットに効果がある理由とは

バターコーヒーとは、その名の通り「バター+コーヒー=バターコーヒー」。コーヒーにバターを混ぜて飲むことで、ダイエット効果が見込めるんだとか。

バターはこってりした脂肪で太りやすい、というイメージがありますが、実際、芸能人やモデルさん、ブロガーさんなどがチャレンジして大幅なウエイトダウンに成功しています。アメリカのIT起業家が著書で紹介したことから火が付き、短期間で実感出来る効果に人気が出たようです。バターコーヒーは別名「完全無欠のコーヒー」とも呼ばれており、ネーミングからも効果の高さが伺えます。

このバターコーヒーがダイエットに効果がある理由は、いくつか挙げられます。

 

①バターに含まれる脂肪酸が脂肪燃焼をアップさせる

質の良いバターには、飽和脂肪酸の一種である酪酸と不飽和脂肪酸の一種である共役リノール酸が含まれています。この酪酸と共役リノール酸には、脂肪燃焼の効果があると認められています。

②コーヒーに含まれるポリフェノールが脂肪燃焼を促進

コーヒーにはカフェインのほか、クロロゲン酸というポリフェノールが含まれています。クロロゲン酸には脂肪を燃焼させる効果があるとされていて、近年注目されています。

③コーヒーに含まれるカフェインが代謝アップを促進

コーヒーに含まれるカフェインには、脂肪の分解を促進させたり、代謝をアップさせてエネルギーの消費を高める働きがあります。

 

バターコーヒーダイエットのポイント①バターの種類

バターコーヒーの効果を知ると、何だかすぐにでも始めたくなって「ちょうど家にバターとコーヒーがある!やってみよう」と思うかも知れませんが、ちょっと待って。

バターコーヒーダイエットを始めるには、バターの選別がとても重要となります。スーパーで売っている料理・製菓用のバターではダメで、使うのは「グラスフェッドバター」というもの。穀物などを与えられる一般的な牛とは異なり、牧草だけでストレスフリーに育てられた牛の乳からつくられるバターで、ちょっと黄色味がかっているのが特徴です。

一般的なバターよりも安全性が高いうえに栄養成分が豊富なこのグラスフェッドバターを使用するからこそ、ダイエット効果が見込めるのです。

 

バターコーヒーダイエットのポイント②飲む時間帯

 

また、飲む時間帯も大切です。おすすめの時間帯は朝で、朝食がわりに飲みます。「お腹が空くんじゃない?」と思うかも知れませんが、脂質が加えられているので腹持ちが良く、意外と空腹を感じないそう。

夜はカフェインによって睡眠が妨げられてしまう可能性がありますので、避けるほうがベターです。

 

バターコーヒーダイエットのポイント③作り方

バターコーヒーの作り方はとっても簡単。コーヒー(出来ればドリップしたコーヒーがおすすめ)にグラスフェッドバターを大さじ2杯プラスするだけ。ここにココナッツオイルを加えると、さらにダイエット効果がアップします。ココナッツオイルは天然由来成分の中鎖脂肪酸が多く、エネルギーが分解されやすいのが特徴です。ココナッツオイルの風味が苦手、という方は、中鎖脂肪酸が100%のMCTオイルにチェンジすると飲みやすくなります。

 

バターコーヒーでスッキリを目指そう!

 

バターコーヒーは、とても簡単なのに短期間で効果が感じられると話題です。コーヒー好きの私としても、見逃せないダイエット方法。気になる方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Aoi

千葉県在住のアラサーOL。オフィスワークをしながら、フリーランスでライターもしてます。30代になって周りはどんどん結婚・出産をしていき、焦る一方で「このままでもいいかな~、一人最高!」とも思ってます☆ 趣味は一人旅。色んな出会いがあるし、美味しい食べ物もたくさん楽しめて幸せです。唯一の悩みはダイエットの成果が出ないこと…。ぽっちゃり体型をスマートにするため、日々色んなダイエットを模索しています!