30代のうちに鍛えておくべき!肩甲骨とダイエットの関係について知ろう

こんにちは。

暑い夏、少しアクティブに動いていると、ドッと疲れを感じてしまうことを30代という歳のせいにしているNanamiです。

さらに自然と体を動かしたくなる季節が終わると、寒い冬に向けて冬眠体制に入り、意識しないと体を動かす機会も減ってくるというのも、私だけでしょうか?

いや、きっと皆さんも体力は無くなっています。

海にプールにレジャーランド、運動会なんて外に出ている時間が長くなるだけで、体力消耗しちゃいますよね。

そこで、今回!せっかく夏に動いて体力をつけているであろう、皆さんに冬でも体力をキープできる簡単運動法を紹介します。

30代にとって肩甲骨を意識することで高まるダイエット効果

皆さん、ダイエットを考えたときに食事に意識を向けると思います。

確かに、食事から摂取する栄養から私たちの体はできています。

ですので、ダイエットの基本といえば食事ですが、徹底できますか?

1日3食、栄養素を考えさらにダイエット効果を高める食事を続けることは簡単なことではありません。

食事を意識しながらもプラスαの運動は効率性を高めるためには無視できないポイントになります。

でも、運動と言ってもいろいろあります。

  • 簡単すぎて負荷をかけられずに効果が出にくい運動
  • 負荷が強すぎて筋肉ばかりが刺激させる運動
  • 無理な運動から挫折に向かう運動
  • 正しい運動を取り入れられずに効果が出ず続けられない運動

これまでにきっと、このような失敗に終わる運動を取り入れた経験あると思います。

今回、食事を意識する中でその効果をより高めてくれる「肩甲骨剥がし」について紹介していきたいと思います。

肩甲骨剥がし(鍛える)効果

肩甲骨を鍛えることによるダイエット効果については、メディアなどでも取り上げられているので、ご存知かと思います。

しかしなぜ、肩甲骨なのか?肩甲骨剥がしとはどうゆうことなのか?分かりにくいですよね。

管理人も初めて肩甲骨ダイエットについて知ったときはいまいち理解できませんでした。

でも、調べていくと確かにダイエットの効率性を高めてくれる働きを持つことが分かりました。

【肩甲骨を剥がす(鍛える)効果】
肩甲骨周りには筋肉集中している

効率よく筋肉を刺激することができる

刺激を受けた筋肉から体内の循環機能が向上する

循環機能向上により代謝機能が高まる(冷え性改善にも有効)

代謝機能が高まることで食事から摂取した栄養素本来の働きが期待できる

消化・吸収・排出作用が高まり整腸作用効果につながる

便秘解消効果も高まり体内の老廃物が排出される

体内の本来の機能が整うことで痩せやすい体つくりをサポートする

いかがでしょう。

肩甲骨周りの筋肉は意識しないと刺激されにくい筋肉です。

そこで代謝機能が低下し、内臓機能低下につながり、ダイエットの妨げになる便秘を引き起こします。

もちろん、食事を意識しても体内の機能が低下しているとその栄養素からの効果を高めることはできません。

つまり、自然と代謝が落ち痩せにくい体になっていく30代はまずダイエット効果半減の原因になる肩甲骨周りの筋肉を刺激することが重要なんです!

肩甲骨ダイエットの効果を高めるために必要なことは?

肩甲骨周りの筋肉を鍛えることによるダイエット効果、気になり始めたと思いますが、でもまだいくつか疑問が残っている人もいるでしょう。

ななしさん
肩甲骨剥がしってなに?
Nanami
そうですよね。肩甲骨ダイエットってどのような方法なのか調べると「肩甲骨剥がし」という言葉が出てきます。

肩甲骨を剥がすって少し痛みを連想させるかもしれませんが、肩甲骨剥がし=肩甲骨周りの筋肉を鍛えることです。

肩甲骨周りの筋肉は自発的に刺激を与えないと、普段の生活では刺激を受けません。そこでガチガチに固まってしまっています。

こうした状態から肩甲骨周りの筋肉を刺激し、筋肉を和らげることを肩甲骨剥がしと言い、肩甲骨周りの可動域を広げます。

 

ななしさん
簡単に効果は出るの?
Nanami
これまで刺激を受けていなかった部位なので、意識しても鍛えることで効果は現れやすい部位です。

ですが、正しく行うことがポイントになるのでこれから紹介する方法を是非取り入れていきましょう。

 

ななしさん
筋肉痛になったんですが、問題ないでしょうか?
Nanami
それは、肩甲骨の筋肉が刺激を受けている証拠でもあり、これまで刺激を受けていなかった証拠です。

筋肉痛になったから刺激を受けていると、過度に鍛えることは実はNG!

筋肉は回復期も必要なので、痛みがある日はお休みにしたり、少し軽めの運動に変えていきましょう。

 

ななしさん
肩甲骨剥がしだけ取り入れて効果は出るの?
Nanami
肩甲骨ダイエットは続けることで、体質改善効果が高まり、さらに食事によるダイエット効果を高めることができます。

つまり、基本の食事はしっかり意識しておくことが重要!

また肩甲骨剥がしにも慣れてきたら、さらに軽めのトレーニングを組み合わせていきましょう。

なんでもそうですが、1つの方法で完璧な効果は期待できません。

少しずつ負荷をかけたり、食事メニューをさらに変えたり、運動メニューを組み合わせていくなど工夫していきましょう。

自宅で簡単!30代でも続けられる肩甲骨剥がしのやり方と効果的なタイミング

肩甲骨ダイエットについて理解できたところで、早速今日から取り入れられる肩甲骨剥がしの方法を紹介します。

それぞれ効果やポイント、タイミングもまとめていきたいので、全てを取り入れることが難しい場合は取り入れやすい方法から取り入れていきましょう。

タオルを使って毎日続けられる簡単肩甲骨剥がし

【目安:10回×3セット】

  1. タオルの端を両手で握る
  2. そのままゆっくり肩甲骨を意識しながら両手を上に上げる
  3. 腕をなるべく曲げないように後ろに移動させる(痛みがある場合は無理しない程度で後ろに移動させる)
  4. 限界まできたらゆっくり息を吐きながら5秒キープ
  5. ゆっくり後ろから頭の上に戻し、元の位置まで戻す
【タイミング】
入浴後の代謝が高い時間がおすすめ

【ポイント】
簡単だけど初心者でも始めやすい
ゆっくり行うことで肩甲骨の動きを感じられる

隙間時間に取り入れやすい肩甲骨全体を刺激するトレーニング法

【目安:5回×2セット】

  1. 手を肩に当てる
  2. 肩に手を当てたまま肘を上下に動かす
  3. 上下に動かしたら肘を前後に動かす
  4. 最後に後ろ回りに大きく肘をグルッと回す
【タイミング】
取り入れやすい時間にながら運動で取り入れましょう

【ポイント】
効率よく肩甲骨全体の筋肉を刺激することができる
休憩時間でも取り入れやすい

刺激されにくい肩甲骨下部を鍛えるトレーニング法

【目安:10回×1セット】

  1. リラックス状態で立ち顔は正面を向く
  2. ゆっくり耳と肩を近づけるように頭を傾ける
  3. 傾けた状態で30秒キープして反対も同様に行う
  4. 手のひらを上に向け両腕を肩の高さにあげる
  5. 肘を90度に曲げ肩甲骨の下を刺激するように肘を下に落とす
  6. 十分に下に下ろしたら5秒キープ
【タイミング】
起床時就寝前1日2回行いましょう

【ポイント】
起き抜けの体にスイッチを入れてくれるので、代謝機能を1日中高めてくれます
入眠効果も高まるので自律神経を整えてくれる

Nanami的!毎日続けて欲しい簡単肩甲骨ダイエット法

最後にNanami的ダイエット法の中で、肩甲骨を刺激する運動があるので、紹介させてください。

【目安:全ての動作をゆっくり1セット】

  1. 両手の親指を首の後ろに固定する
  2. 残りの指は頭を支える位置におく
  3. しっかり4本指で頭をグッグッと押す
  4. 両手をグーにして関節部分を使って頭から鎖骨まで首筋を上から下に流す
  5. 両手を肩において大きく肩回しをする(肩甲骨を動かすように意識する)
【タイミング】
朝の洗顔・スキンケアのタイミングで行いましょう

【ポイント】
就寝中に休んでいた脳を活性化させることができる
頭を刺激することで体の上からコリを解消させられる
首筋を刺激することでリンパの流れが良くなる
上からしっかりコリを解消させているので肩回しからの肩甲骨への刺激が高まる
簡単なので習慣にできる

30代の今から始めて起きたい肩甲骨ダイエット!

いかがでしたか?

30代の今のうちに低下していく代謝機能を高めるためにも、体力をつけておくためにも肩甲骨を意識して鍛えることはとっても大切なことなんです。

また肩甲骨剥がしを取り入れていく中で体感すると思いますが、疲労回復やストレス解消効果も高まります。

忙しい毎日でも爽快に過ごせたら、それだけでダイエットへの意欲も高まります。

是非、今回紹介した肩甲骨ダイエットを毎日に習慣にしていきましょう!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Nanami

横浜在住、旦那と娘と愛犬でのんびり生活しています。20代まではそれなりに体型を維持できていましたが、30代の壁に奮闘中。常にダイエットを意識してますがストレスには変えたくないので、『ながら運動でどれだけ効果を高めるか』がダイエットのモットーです!最近の楽しみは娘との小旅行。より楽しむためにもダイエットはやっぱり必要◟꒰◍´Д‵◍꒱◞