30代になっても体型を維持したい。下垂のメカニズムと防止する方法を紹介します!

30代になって、20代の時に比べると大きくなったな~・・痩せにくくなったよな~と感じている人は多いかと思います。30代女性といえば、出産でお腹が戻らなくなった人、妊娠時にかなり体重が増えてしまった人、働き盛りの夜食太りや飲み会太り等、若い時より代謝が悪くなって痩せにくくなったにも関わらず、痩せない環境におかれている場合も多いですよね。また、痩せたのにリバウンド、体重は減ったのに見た目がかわらないという悩みも多いはず。それでは30代女性は理想の美しい体型を保つには方法があるのでしょうか?

記事タイトルの1枚目

年齢とともに下がってくる身体

ダイエットといえば体重が一番の目安となり、〇㎏減った!また〇㎏増えてしまった~!と一喜一憂してしまいますよね。ただ、体重が減っただけでは変わらない大事なポイントがあるのです。それは年齢による身体の下垂です!私たちは地球上に立っていますので、重力がかかっていますよね。そうするとどうしても垂れ下がってきてしまい、特に重いヒップバスト、あと顔も二重あごになってきたりします。例えば50㎏位の体重の女性のヒップ3㎏~4㎏あるといわれていますから、生まれたての赤ちゃん程の重さをぶら下げていることになります。そうすると垂れてきて当たり前、ボリュームはなくなり平なヒップになってきます。

下垂した脂肪はどこにいくの?

ヒップが平たくなったんだったら、別に太ったように見えないしいいんじゃないの?と考えたいところですが・・実はここからが恐ろしいところです。垂れたヒップは今度は太もものお肉に変身、垂れて流れたバストお腹の肉二の腕のお肉に変身するのです!こんなことが起こってしまうと、どんなに体重を減らしても見た目は太い、メリハリのない身体、という結果に終わってしまうこともあるのです。

引き締まった美ボディを保つには

年齢には勝てませんが、下垂を少しでも食い止めることは可能です。矯正下着や補正下着をつけて生活をするという方法があります。身体の脂肪というのは、今ある場所が「自分の場所」だと思うので、無理やり場所を変えてあげることによって居場所を変えることができるのです。きれいな身体のラインになるように下着でメイクすることによって本当にそのような身体に仕上げていくのが矯正・補正下着です。メーカーは色々あり、お値段はけっこう張りますがきちんと正しくつけて継続することによって効果は期待できます。

その他の方法としては、もちろん運動・筋トレです!!これも合わせて続けることが出来れば間違いなく恐ろしい下垂を少しでも食い止めることが出来るはずです。

 

 

コメントを残す