30代だから成功しやすい「散歩ダイエット」の効果と方法を紹介します!

皆さん、歩くことは好きですか?

私、Nanami最近になって歩くことを意識するようになりました。

その理由というのもポケモンgoにはまったからです!

今さら?!感満載ですが、今さらです!でも楽しく楽しくて自然と歩くことが増えました。

そのお陰か、これまでよりダイエットをスムーズに進められています。

そこで歩くことを増やすようになったNanamiがせっかくならダイエットにつなげようと取り入れている散歩ダイエットを今回紹介します。

30代も歩く習慣は作れるのか?!

まず初めに30代という世代を考えると、大きな問題が出てきます。

それが「時間」です。

ダイエットに時間を費やすことはなかなか難しい世代ですが、そんな30代に散歩ダイエットをおすすめしたいのには理由があります。

どんなときに散歩ダイエットは取り入れられるのか?

散歩ダイエットと聞くと「朝早めにおきて散歩をする」「夜、家事もひと段落した後に散歩をする」と考えます。

でも違うんです!

【30代だから散歩ダイエットはしやすい】

  • 仕事終わりに食材を買いにスーパーに行く
  • 駅までの移動
  • 子どもの必要なもの買い足すためにショッピングモールへ行く
  • 息抜きでウィンドウショッピング
  • 子どもの送り迎え

このどのシーンでも意外と歩いていませんか?

買い物の時なんて少し高いかな…と思った商品も戻って取りに行きます。

サクッと5分で買い物しないといけない日ももちろんありますが、色々選びながらの買い物は20分かかったりします。

ショッピングモールもいろんなショップが入っているのでショップからショップの移動でもそれなりに歩きます。

そのタイミングで意識変えるダイエット効果をグンと高められるんですよ。

30代に嬉しい散歩ダイエットの効果

でもやっぱり高い効果は得られないのでは…。

気持ちのどこであまり期待できない人も多いでしょう。

散歩に変えることで歩くことに対する苦痛がなくなる

では、ここで気になるデータを紹介します。

【体感時間の問題】

ウォーキングを意識して歩く人と、散歩として歩く人、20分歩いてくださいと言われたとき、ウォーキングを行なっている人は20分経つ前に歩くことをやめます。

反対に散歩している人は20分強歩いています。

いかがでしょう?

同じ歩くという動作なのに、ウォーキングを行なっていると考えると、どこかダイエットしているというプレッシャーを感じます。

そこで辛い時間だから時間が経つのが遅く感じます。

反対に散歩と考えている人は気楽に歩くことができます。

そこで散歩なら必要な最低時間に対して、辛さを感じずにクリアできるんです。

散歩は立派な有酸素運動になる

また散歩を意識することで体がしっかり有酸素運動効果を高めてくれます。

【ウォーキングには体力が必要?】

散歩・・息を上げずに有酸素運動効果を高めやすい
ウォーキング・・ときに無酸素運動になってしまう

有酸素運動は、息を上げずに行う運動です。

無酸素運動は反対に瞬発力を使うので、息も上がりますし、筋肉を激しく刺激します。

例えば短距離や筋トレは、無酸素運動です。

瞬時に体を鍛えますからね。息が切れますし、筋肉を大きな負荷を与えます。

ダイエットに向いていると言われているのはウォーキングなどの有酸素運動。

ですが、ウォーキングでダイエットを考えているとき、次第に距離を伸ばし、負荷をかけないと…と本来の働きを失ってしまうことがあります。

せっかくダイエット効果を高める有酸素運動も、取り入れ方を間違うと効果は半減します。

そこで気楽にただ歩く散歩を取り入れる方が、より有酸素運動の効果を高めてくれます。

有酸素運動のメリット

  • 内臓脂肪を減らしてくれる
  • 代謝機能を高める
  • 燃焼効果を高める
  • 心肺機能向上効果がある
  • 高血圧や糖尿病など生活習慣病の予防になる

同じ動作でもカロリーに大きな差はない

また事実を知ると、これまでのウォーキングはなんだったのか…とショックを受けるかもしれませんが…

実はウォーキングと散歩では、消費カロリーに大きな差はないんです。

どちらかと言うとダイエットと言われるとウォーキングの方が効果は得られそうですよね。

でも同じ距離をダイエットを意識してウォーキングするときと、気楽にのんびり散歩をするとき…

消費カロリーはさほど変わらないんです。

気楽に取り入れられる30代のための正しい散歩ダイエット法

いかがですか?

さほど消費カロリーも変わらないなら、気楽に続けやすい散歩からの効果を期待したくなりませんか?

あまりダイエットを意識しすぎないことも大事!

ストレスも感じにくいですし、ラクに取り入れながら有酸素運動ができるんですからね。

では、忙しい毎日の中でも30代にダイエット効果を高める正しい散歩ダイエット法を紹介します。

散歩ダイエットの4つのポイントを掴む

【散歩ダイエットの4つのポイント】

  1. を振る
  2. をあげる
  3. 歩幅を広げる
  4. 酸素を取り入れる

荷物があるときなどは腕を振る動作は出来る範囲で大丈夫です。

ただ足をあげること、歩幅を広げることは常に意識できますよね。

酸素を取り入れると言うのは難しく考えずに呼吸を意識して行うといいです。

この4つのポイントを押さえるだけで、同じ距離を歩いても有酸素運動効果が高まり、継続することで痩せやすい体、そして健康な体を手に入れられます。

ダイエットの意識をなくす

これは嬉しいことだと思いますが、散歩ダイエットは生活の中の自然と体のダイエット力を高める目的があります。

【NGな考え方】

  • 歩いていないから歩かなきゃ
  • 少し時間が短いからもっと歩かなきゃ
  • 全然汗をかいてないからスピードを上げなきゃ

このような考え方を持つと、体はダイエットをしていると感じます。

続くと必ずストレスに変わります。

負荷をかけようとすると無酸素運動になってしまいます。

散歩ダイエットは楽しい散歩を楽しく行うことが成功の近道です。

ムリは禁物!でも時間があるから今日は一駅前で降りようかな…なんて楽しい散歩を取り入れられるときは取り入れていきましょう。

20分以上は散歩を楽しむ

散歩ダイエットはダイエット法の中でも簡単なダイエットにはなるのですが、唯一ノルマがあるとしたら「20分以上は歩く」というところですね。

有酸素運動は20分以上行ってはじめて効果が出ます。

ですので、楽しい散歩も20分という時間だけは楽しみながらクリアしておきましょう。

30代のライフスタイルにおすすめの散歩ダイエットを今日から始めよう!

いかがでしたか?

20分は歩く必要があるのですが、建物を楽しみながら…大好きなお洋服を眺めながらなんて時間は20分あっても足りないでしょう。

慣れてくると一時間の散歩も苦なくクリアできます。

一時間の楽しい散歩を行うと消費カロリーはおおよそ160キロカロリーになります。

ご飯一杯分が消費できるので、ムリなく楽しく続けて効果も高められる散歩ダイエット、今日から始めていきませんか。

【追記】
今年は例年以上に台風が上陸していますが、皆さんの地域では大丈夫でしょうか。

言葉だけでは人ごとのように聞こえるかもしれませんが、Nanamiの地域は記録的大雨を観測し、近くの河川敷は浸水していました。

いつ何があるが分からない…本当にこの気持ちは常に持っていないといけないですね。

まだまだいつ日本に災害が起こるか分からないので、対策をお互い考えておきましょう。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Nanami

横浜在住、旦那と娘と愛犬でのんびり生活しています。20代まではそれなりに体型を維持できていましたが、30代の壁に奮闘中。常にダイエットを意識してますがストレスには変えたくないので、『ながら運動でどれだけ効果を高めるか』がダイエットのモットーです!最近の楽しみは娘との小旅行。より楽しむためにもダイエットはやっぱり必要◟꒰◍´Д‵◍꒱◞