ピンポイントダイエット!5つの部分痩せ極意

30代女子のダイエットには、常に悩みがつきもの。

ダイエットに成功して体重は落ちても、20代の頃のようにパーンと出るところは出て引っ込むところは引っ込む、なんてスタイルにはなかなか戻れないのが現実です…。「痩せたけど二の腕がプニプニ」だとか「なぜお腹ポッコリがなおらないの!」だとかいった悩みが尽きません。

でも諦めることなかれ、気になる部分を解消する部分痩せにチャレンジしてみましょう!

 

部分痩せは出来る!5つの極意

頑張ってダイエットしたのに、太もものサイズダウンが出来なくてスキニーが履けない、などといった女子を悩ませる気になる身体のパーツ。各種、部分痩せのポイントについて調べてみました。

 

①太もも

 

多くの女子が悩んでいるのが太もものサイズ。気になってミニスカートやスキニーが履けない、なんて声がよくあります。

太もも痩せに効果的なのが、リンパをしっかり流すこと。血流が滞っていることでむくみやすくなり、更に太もものサイズがアップしたように見えてしまうのです。

お風呂の後、とくにリンパが滞りやすいひざ裏の部分を指を使ってしっかりともみほぐし、手のひらでひざ裏からヒップに向かって少し強めに圧力をかけながらさずりあげる、というマッサージをしましょう。

毎日マッサージをするのは大変、という人には専用のダイエット器具がオススメ。100円ショップでも購入出来ますので、テレビを見ながらコロコロしてみましょう。

 

②ふくらはぎ

ふくらはぎは、むくみが表れやすいパーツです。冬、退社後にブーツに履き替えようとしたらジッパーが上がらない!なんてことがよくあります。

そんな時には、脚を肩幅に広げてつま先立ちになります。そこからゆっくりとつま先立ちからかかとを下ろす、という上下運動をおこなうと、ふくらはぎのひきしめやむくみ防止に役立ちます。

このエクササイズは毎日気づいたタイミングで出来るのがポイント。忙しい時でも、トイレタイムに手を洗いながらやってみるなど、少しの時間を見つけてトライしてみましょう。

 

③お腹

 

お腹ぽっこりはとっても悲しいものです。細身のパンツやスカートだと、お腹が出ているのが分かりやすく、また目にも留まりやすいのです。

お腹痩せにおすすめのエクササイズですが、まず横向きに寝て下側の腕をまっすぐ上に伸ばし、上側の腕は前に出してひじを曲げ、身体を支えます。次にゆっくりと息を吐きながらゆっくりと両脚を宙に浮かせていきます。その後、ゆっくりと息を吸いながら両脚を元の位置に戻します。この動作を左右で10回ほど繰り返しましょう。

これは簡単な割に意外とつらいのですが、かなり効果的でおすすめです!

 

④二の腕

 

30代女子の多くが悩む、二の腕のたくましさ。だんだんノースリーブを着るのにも勇気が必要になってきてしまいます。

そんな女子におすすめなのが、簡単なエクササイズです。両方のひじを曲げ、両手の指先部分を上下に組みます。そして外側に引っ張り合う!時間は5秒ほどでOKなので、何セットか気がついたときにやってみましょう。

 

⑤フェイスライン

 

年齢を重ねると、だんだんフェイスラインがたるんでぼんやりしてきます。顔の印象は強いものなので、せっかくダイエットに成功してもフェイスラインがぼやけていると、スマートに見えません。

そこでおすすめなのが、顔の筋肉を鍛えること。「あいうえお」という言葉を大きく発音する要領でおこないます。出来れば声を出すとやりやすいのですが、外出先やオフィスなどでは声を出さずにおこなってもOK。

また、大きく口を開けて舌を前に突き出したりするのも普段使わない顔の筋肉を使えるのでおすすめです。

 

身体の気になるパーツ、部分痩せで悩みを解消しよう!

いかがでしたか?どれも簡単におこなえる部分痩せエクササイズをご紹介してみました。

身体の気になるパーツがすっきりすれば、着られる服も増えるし自信も出ます。この機会に、部分痩せにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Aoi

千葉県在住のアラサーOL。オフィスワークをしながら、フリーランスでライターもしてます。30代になって周りはどんどん結婚・出産をしていき、焦る一方で「このままでもいいかな~、一人最高!」とも思ってます☆ 趣味は一人旅。色んな出会いがあるし、美味しい食べ物もたくさん楽しめて幸せです。唯一の悩みはダイエットの成果が出ないこと…。ぽっちゃり体型をスマートにするため、日々色んなダイエットを模索しています!