むくみは「太い」の原因に?脱むくみでダイエット

夕方になると足がパンパン、ブーツのチャックがしまらない・・こんな経験がある女性は多いのではないでしょうか?足は重くてだるいし見た目も太い、そんな「むくみ」はダイエットの大敵です。むくみをそのまま放っておくと「セルライト」に変わりなかなか取れない脂肪と変わっていく可能性もありますので、対策を練っていかなければいけません。

むくみの原因

多くの女性の悩み、むくみですがよく聞くのが店舗等立ちっぱなしのお仕事やデスクワークでずっと座っているお仕事をされている場合です。やはり動くことが少ないので血行も悪くなりリンパが滞りどうしてもむくんできてしまうのですね。あとは妊婦さんや出産後も酷いむくみに悩む女性が多いですがそれは一時的なもので時とともに戻っていくことが多いです。女性は男性に比べて筋肉が少ないことも原因でどうしてもむくみやすくなるといわれていますが、生活を変えることによって改善することもできるのです。

水はけのよい身体になること

むくみの改善方法として「お水」を一日に1.5リットル~2リットル飲むことをおススメしています。をたくさん飲んだら逆にむくむんじゃないですか?と質問されることも多いのですが、人間の身体の6~7割は水分でできていますから「が足りない」と身体が判断すると今度は「を身体の外に出してはいけない」と水分を溜めこんでしまうんですね、この状態が「むくみ」なのです。

毎日の水分の摂り方

朝起きてすぐ、お風呂の前、寝る前は必ずコップ一杯のおをを飲み、その他食事や仕事や家事の合間に少しずつを飲み、トータルで1.5リットル~2リットルの水を毎日飲みます。水分ですのでお茶でも良いといえば良いのですが、不純物がないおの方が身体に浸透しやすい為をおすすめしています。飲み始めの頃はまだ身体がそれだけ水分を摂ることに慣れていませんので、むくみがすぐに改善されなかったり、一日に何回もトイレに行くことになるかと思います。しかし毎日続けていくと次第にはけの良い身体に変わり、トイレの回数は減りむくみも改善し始めます。私は2リットルが習慣になってはいますが、鏡を見ると二重あごになっている日があるとその前日に十分にが飲めてなかったな~と感じる日があります。

むくみ対策の栄養素は?

いくら水分を摂っていても、コーヒーアルコールをたくさん摂ってしまうと水分は失われてしまいます。コーヒー1杯を飲むとすぐにトイレに行きたくなりますよね?コーヒー1杯に対して水分はコップ2杯分程失われているといいます。アルコール水分を蒸発させてしまうようにお酒を飲むことによって水分は失われますから、呑みにいった次の日は顔がパンパンといったことも多いですよね。コーヒーアルコールを飲むときは特に水分を摂るように気を付けましょう。逆にむくみの対策となる栄養成分といえばポリフェノール・ビタミン・カリウム・ミネラル等が効果的です。とはいうものの、これだけの栄養素をしっかり毎日の食事で摂るというのは忙しい30代女性にとってはなかなか難しいものです。ドラッグストアにいけば色々なサプリメントが揃っていますが、あれこれと飲むのも大変ですのでむくみ対策に効果的な成分がひとつになった「キュキュッとスリム」がおすすめです。赤ぶどうやとうもろこしの成分で安心ですし、ポリフェノールカリウム等を食事から摂るのは中々難しいので一粒にむくみ対策成分が詰まっているのはとってもお手軽です!加えて、身体を温める生姜成分やカロリーカット成分ヒアルロン酸やコラーゲン等のお肌美容成分も入っているのもうれしいです。

 

まとめ

その他、適度な運動や毎日湯船にゆっくりとつかり身体を温めること、たまにはマッサージやエステでリンパを流したり、自分でマッサージするだけでも効果的です。水を飲むこともはじめから2リットルが難しければ、「今日はいつもより少し多く飲む」「とりあえずサプリメントを試してみる」「毎日のシャワーを週の半分は湯船につかる」等と自分ができるところから少しずつ始めてみてもいいかと思います。体質改善をして健康で美しい身体を目指しましょう!

 

 

コメントを残す